HOME > シロアリ駆除の費用

シロアリ費用の考え方

シロアリ駆除というのは、大抵の人にとって突如として人生にふりかかる大事件ですよね。発見してしまったが最後、早く駆除してもらわないと気になって仕方がないと思います。
ところがいざ業者に依頼となったら、いったい何を目安に頼んだらいいものか迷います。ホームページを見ても業者ごとに単価にもばらつきがあり、その中にどんな費用が含まれているのか、追加料金はあるのかなど、一見しただけではわかりにくいものです。

シロアリ駆除は床下などの見えない現場での処理や、害虫駆除という素人にはわかりづらい特殊性もあって、見積もりはそこそこ安かったのに、駆除後に法外な追加費用を請求されたなどという悪徳業者の噂も絶えません。

こうした法外な値段はともかく、なるべく費用は安く抑えたいですよね。とはいえ、家屋の命がかかっているので、“安かろう悪かろう”では済まされないだけに、ますます「シロアリ費用の適正価格っていくらぐらいなの!?」とわからなくなってしまうのも無理はありません。

そんなときは複数の業者から合い見積もりを取るとるよいでしょう。
その際に、判断材料として、シロアリ費用のおおよその内訳を知っておくと判断がしやすくなります。

一度シロアリを発見すると「一刻も早く対処を!」と焦りがちですが、シロアリ被害は2~3日で取り返しがつかないほど進行するということはめったにありませんので、一番大切な業者選びは慎重に進めましょう。

シロアリ駆除費用の内訳

シロアリ駆除の一般的な坪単価は、各社のホームページを眺める限り、1,200円~12,000円程度と、なんと10倍もの価格差があるのに驚かされます。
平均的な坪単価は6,000円~9,000円といったところで、3LDKの一軒家の処理であれば10万円前後になります。
実際には、各社基本の坪単価に含まれるものと、オプションとして別料金になっているものがあり、実際の価格は、坪単価×坪数+オプション料金ということになります。

何が基本の坪単価に含まれるのか、何がオプションになっているのか、費用の内訳を知ると、おおよその費用感がわかります。 また、「10坪(あるいは20坪)以下、一律料金制制」という考え方を採用している業者も多く、極端に坪数が少ない場所や家屋の場合はこの点を注意しましょう。

では、一般的なシロアリ駆除の費用の内訳を見てみましょう。 ※以下は、シロアリ駆除方法の中でも一般的な食害部分や予防したい部分に薬剤を散布する方法の内訳です。

・事前の無料調査
・出張費
・人件費
・駐車料金
・建物の養生
・薬剤
・木部処理
・土壌処理
・床下障害物の撤去清掃
・薬剤注入のための穴あけ・ハツリ作業
・食害にあった柱や木材の補強

シロアリ対策は予防も駆除もかなりの部分が共通していますので、予防費用についても、駆除費用を参照してみてください。

悪徳業者の手口を知っておく

シロアリ駆除は、素人では簡単に確認できない床下調査が中心であること、駆除や予防には専門家の知識や経験値がなければ対応できないこと、家主側にシロアリ駆除についての知識が不足しているなどの背景があることから、これまで悪徳業者の標的の的になってきました。
さすがにオレオレ詐欺やさまざまな詐欺商法の手口が広く知られるようになった現在では、「悪徳業者に騙されてはいけない」という警戒心がはたらく人が多いため、大事に至ることは少なくなっているでしょう。
とはいえ、自分が払ったシロアリ費用が「適正だった」と自信をもって言える人というのはまだまだ少数派だと思います。
それだけ、シロアリ費用はいまだに「よくわからない」領域なのでしょう。
そんな無防備な状態から脱し賢く自衛できるよう、まずはシロアリ関連の悪質な手口の事例を見てみましょう。

・無料床下診断のキャンペーン中といって訪問する
・床下の通気口に虫除け網を張るキャンペーン中といって訪問し、床下調査を勧める
・見積もりよりはるかに高い金額を請求する
・床下を調査したらカビが発生していたので、乾燥用にファンの設置が必要と言う
・住宅メーカーや農協の紹介業者と名乗る(大抵の場合は嘘ですが、まれに、実際に農協の提携メーカーなのに法外な価格を請求するところがあるそうです)
・法外な見積もりを出し、高いと断ると大幅に値下げする

適正なシロアリ費用で防除を依頼するために

では、実際にはどうすれば適正価格でシロアリの駆除や予防を依頼することができるのか、考えていきましょう。

1:シロアリの防除についての知識を身につける
こちらが丸腰では戦えません。まずは、このサイトにあるようなシロアリ駆除についての基本的な知識や、シロアリ駆除費用の内訳などにざっとを目を通し、業者からの説明がある程度わかるようにしておきましょう。

2:合い見積もりを取る
調査・見積もり無料の業者に必ず複数依頼し、合い見積もりを取ります。
それぞれに見積もりの仕方が違うと思うので、その内訳の詳細を質問し、説明してもらうようにします。
屋根裏など屋内にまで被害が及んでいる場合は、シロアリ費用が建坪単位なのか、床面積単位(床下、1階・2階を別々に計算)なのかを確認します。

3:駆除方法について詳しく説明してもらう
被害の状況、駆除方法、使う薬剤についてなど、調査結果をなるべく詳細に説明してもらいます。
一度聞いただけではわからない内容も、複数回聞くことでなんとなく理解できてきます。また、言い方は違うが、複数の業者が同じことを言っているのだということもわかってきます。
また、この時点で、相手の誠意をはかることができます。
質のよい業者であれば、家主からの質問には詳しく答えてくれるはずです。

以上をふまえて、適正なシロアリ費用で防除を依頼できるようにしましょう。

シロアリ駆除をご検討なら、まず比較的安心して頼めるシロアリ駆除業者の評価・比較を見て頂くことをオススメします

平米1,200円から駆除依頼できる業者を紹介しています

シロアリ駆除業者の比較を見てみる