HOME > シロアリ被害の実例集

断熱材とシロアリ被害

床下は定番のシロアリ被害エリアですが、断熱材が入っている場合は、その断熱材をきっかけにしてシロアリの被害が出ることもしばしばあります。
土中まで埋め込まれた断熱材を通り道にして、シロアリが誘引されるのです。
こうした基礎の工事にはシロアリ被害の知識が必須なのですが、現状は施工者によってそのレベルはまちまちです。自分が施主になる際は、そうした配慮をしてほしい旨、施工前によく依頼しておくと良いでしょう。

よく使われる断熱剤として、スチレンフォーム等の発泡スチロール系と、グラスウール系が挙げられます。
発泡スチロール系の断熱材は、シロアリの通り道となったり、それ自体がシロアリによって食害されたり、中に巣を形成されたりすることがあります。
一方グラスウール系の断熱材は直接の食害というのはほぼ見られません。
ところが、グラスウール系の断熱材と木材の間を通り道にして、木材を侵食していくケースは多いのです。
シロアリは狭い隙間が大好きで、断熱材と木材の間であれば冬場でも温かい環境がキープされ、シロアリが活動するには好都合となるのです。

いったん食い荒らされた断熱材は場合によっては取り替える必要が出てきます。そうなった場合は、シロアリ駆除のほかに、断熱材の張替え作業に工務店を呼んで…といった工程が増え、費用も別途かかるケースが出てくることを覚えておきましょう。

水周りとシロアリ被害

キッチン、風呂場、洗面所、トイレといった水周りの床下もシロアリ被害の定番箇所です。 こうした水周りの床下は湿気が多く、湿気を好むシロアリとは愛称がよいのです。
パイプの劣化や施工のまずさから下水管や水道管などから水漏れなどがおきている場合、噴出すほどの量ならば異変に気づきやすいのですが、ポタッポタッと時間をかけてしたたる程度だと発見が遅れる場合がほとんどです。
場合によっては何年もかけて地面を濡らし続け、その水分で周囲の木材が常に湿気てもろくなり、カビや腐朽菌などがつきやすく腐りやすい状態になっていきます。
そうなるとシロアリも待ってましたとばかりにそうした湿気た木材に向かいます。
よく「シロアリは腐った木材を好んで食べる」と書かれていることがあるのですが、これは勘違いで、完全に腐った木材はシロアリが餌にするセルロースという部分が菌によって分解されてしまっているので、シロアリは食べません。
シロアリが好むのは適度な湿気であり、逆にしたたるほどの水分もシロアリにとっては好ましくない環境なのです。

水漏れでなくても、パイプや水道管の結露によっても水周りの床下は湿気やすい状況にあり、これは築年数が浅くても同じです。
今現在、シロアリ被害がないお宅でも、水漏れのチェックをかねて2年に1度くらいは床下点検をすることをお勧めします。

畳下とシロアリ被害

室内でシロアリ被害が多い箇所の一つが畳のある和室です。
畳や床の間や敷居を踏むと、なにかぶかぶかした感触があったり、それほど使っていないのに畳の端がささくれてきたり、畳の表面に小さな穴が開いていたりしたら、それはシロアリ被害にあっている証拠です。
畳がシロアリ被害にあっているという場合は、残念ながら被害はかなり深刻で、その下の床板までシロアリ被害にあっているケースがほとんどです。
畳をあげてみると、畳には蟻土がびっしりついて、中はボロボロという状態をよくみかけます。
さらにその下の敷き板もかなり侵食されていることが多く、連鎖的に、それらの敷板を支える根太(ねだ)と呼ばれる横木も食害されていることが多いのです。
ついでに言うと敷居までやられているケース、さらに最悪なケースだと床柱まで……。まさに恐怖のシロアリ被害連鎖です。
こうなってしまうと被害の回復がかなり大掛かりになります。
まずは、巣になっているところを処理します。そして、予防のために床下の土壌の処理と、木部の処理をします。さらには根太を取替え、敷板を張替え、畳を新調しなくてはなりません。
和室のシロアリ被害は気づかない時間が長いと被害が拡大化されることが多いので、水周り同様に日頃の点検が必要な箇所と言えるでしょう。

雨漏りとシロアリ被害

ある日気づくと、シロアリが部屋の中を飛んでいた。あるいはシロアリらしき死骸がころがっていた。
こんなシーンをきっかけにシロアリ被害を発見することも多いと思います。
さて、そんなシーンが1階ではなく2階で発見された場合、このシロアリはどこから来たのだろうというのが問題になります。
通常考えられるのは床下から進入し、途中の経路を食害しながら、柱や壁を伝って2階部分まで移動したという経路です。
しかし、時おり床下や1階部分のシロアリ被害が見つからない状態で2階や屋根裏でシロアリ被害が発見されることがあるそうです。
こうしたケースの場合、大抵が雨漏りと関連があると言われています。
シロアリは年に何度か群飛(ぐんぴ)といい、成熟した巣から外へ拡大するために羽のついたシロアリが大量に飛び立つことがあります。
その際は光に誘引されて外部から屋内に入ることがありますが、大抵はいったん土中に落ち着いてからでないと、乾燥に弱いシロアリが繁殖することは難しいのです。
しかし、飛び込んだ先に雨漏りで湿った木材などがあるとそこで繁殖してコロニーを作るケースがあるそうです。
水場の水漏れと同様に、屋根裏や側壁からの雨漏りは、発見までに何年も経過することもあり、その間にシロアリ被害にあうこともままあります。
壁をたたいたら軽い音がする、屋根がたわんで見えるなどの異変があればかなりシロアリ被害が進んでいる証拠です。
直ちにシロアリ駆除のプロに来てもらうようにしましょう。

シロアリ駆除をご検討なら、まず比較的安心して頼めるシロアリ駆除業者の評価・比較を見て頂くことをオススメします

平米1,200円から駆除依頼できる業者を紹介しています

シロアリ駆除業者の比較を見てみる