HOME > シロアリ予防と対策

予防は実は駆除と行う作業は同じです。

予防といっても行う作業は駆除と同じ薬剤の散布になります。では、ホームセンターなどに行き、シロアリ駆除用の薬剤を買って自分で予防をすればいいのかと言うと、一概にそうとは言い切れません。専門知識が無いとシロアリを全て駆除し、きちんとしたシロアリの予防をするのはとても難しいです。

目に見えるシロアリだけを退治しても、巣にはまだたくさんのシロアリがいます。シロアリの駆除にはシロアリの巣を根絶することが必要になりますが、シロアリの巣も1ヶ所とは限りませんし、シロアリの巣は柱となる木材の中、床下など、人が入って見つけるには大変な労力が必要となる場所に巣を作ることが多いです。
そのような場所に入り、実際にシロアリの予防や駆除をするとなると専門業者が使うような機材や装備なども必要になってきます。

日本でよく見られるシロアリの種類と被害の特徴

日本国内に生息するシロアリは20種類ほどいますが、実際に家屋に被害を与えることが多いシロアリは「ヤマトシロアリ」「イエシロアリ」「アメリカカンザイシロアリ」の3種類だと言えます。
それぞれに性格や棲息環境に特徴があるのですが、家屋へ被害を与える害虫としての特徴をピックアップすると次のようになります。
「ヤマトシロアリ」が家屋に与える被害はそれほど大したものではありませんが、臆病で逃げやすく分散しやすい特徴があり、数匹からでもコロニー(巣)を再形成できることから駆除しても再発しやすく、完全駆除が難しい種類と言えます。
一方で「イエシロアリ」による被害は甚大で、時に家屋倒壊につながる場合もあります。また「アメリカカンザイシロアリ」は、土の中ではなく乾材の中で発生・成長・活動することから発見が困難なため、非常に駆除が難しいシロアリと言われています。
こうしたシロアリの特徴を踏まえて、駆除方法を考える必要がありますが、駆除のプロからは「家屋倒壊にまでつながる恐れのあるイエシロアリは発見次第、プロに駆除を依頼することをお勧めします」とのアドバイスがあります。

シロアリの予防をするには

やはり、専門のシロアリ駆除業者に家屋や床下などをきちんと調査してもらい、定期的に薬剤の散布をしてもらうのが一番です。ホームセンターなどで販売されているシロアリ駆除の薬剤の効果は2年程度ですが、専門のシロアリ業者がシロアリ予防や駆除に使用する薬剤の効果は5年です。

効果の期間を考えてもシロアリ駆除の専門業者にお願いした方が確実で、効果も長く続きます。
効果が長く続くということはそれだけシロアリの予防にもなるということになります。

自分でシロアリの駆除をした場合シロアリが再発しても誰も保証はしてくれません。
再発したということは、前回シロアリの予防が不確かなものだったということなので、家屋に対する被害も甚大なものになっているかもしれません。

そのような不安を抱えないためにも、 シロアリの駆除を専門業者に頼み保証を付けた方がいいと思います。
保証は業者によっては記載していない場合もありますが、大体が1年~5年です。この期間にシロアリが発生した場合は無償で駆除をしてもらえるので、出来るだけ保証の期間が長い業者にお願いした方がシロアリの予防という面で考えてもいいと思います。

シロアリ駆除業者の保証期間

シロアリ110番 5年保証
ダスキンターミニックス 5年保証
ROY株式会社 5年保証
株式会社三共消毒 長期保証(年数の記載無し)
株式会社ピコイ 5年保証
株式会社アサンテ 5年保証
埼玉白蟻株式会社 5年保証
関東白蟻防除株式会社 5年保証

大体どこのシロアリ駆除業者も5年保証なので今度は実際にかかる費用が気になると思います。
各社のシロアリ駆除業者の金額を比べてみる

シロアリ駆除をご検討なら、まず比較的安心して頼めるシロアリ駆除業者の評価・比較を見て頂くことをオススメします

平米1,200円から駆除依頼できる業者を紹介しています

シロアリ駆除業者の比較を見てみる